骨盤矯正のストレッチ運動

 >> 

骨盤矯正のストレッチ

骨盤矯正はただたんに骨盤周りを引き締めればいいというわけではありません、体の骨盤へと影響を及ぼす部位を引き締めることも大切です。ですので骨盤矯正を行う際に、効果的なストレッチ方法なども当サイトでは紹介しています。骨盤を引き締めるためには、体のいたるところの部位に、骨盤を引き締めてる協力をしてもらうことも必要です。

腰を左右に揺らす

足を肩幅くらいに開いて立ち、腰に手を添えます。
上半身は動かさないよう意識して、ゆっくりと腰を左右に揺らします。
この動作を、左10回・右10回行ってください。

腰を前後に揺らす

足を肩幅くらいに開いて立ち、腰に手を添えます。
上半身は動かさないよう意識し、ゆっくりと腰を前後に揺らします。
この動作を、左10回・右10回行ってください。

腰を回す

足を肩幅くらいに開いて立ち、腰に手を添えます。
上半身は動かさないよう意識して、大きな孤を描くように腰を回します。
この動作を、左10回・右10回行ってください。

両脚を左右に捻る

まず仰向けに寝て、両膝を立てます。(足の裏は床につけてください)
両膝をぴったりとつけたまま、ゆっくりと脚を左右に捻ります。
この動作を、左10回・右10回行ってください。

体を前後に揺らす

まず仰向けに寝てください。
両膝を曲げて腕で抱え込みます。
その状態のまま、体を揺りかごのように前後に揺らします。
この動作を、前10回・後ろ10回行ってください。

日頃使っていない方の足を使う体操

座った状態で靴下(ストッキング)を脱いで腰幅に足を開いてまっすぐ伸ばし、両腕は体のやや後ろについてください。
足の指で「グー・チョキ・パー」を2,3分間行います。

仙骨(仙椎)を鍛える体操

うつ伏せに寝て、両手は前に出して肘は約90度に立てます。
足のひざを約90度に曲げて立たせ、左右にゆっくり振ります(息を吐いて右へ、息を吸いながら真ん中の位置へ、息を吐いて左へ、息を吸いながら真ん中の位置へ戻します)。

骨盤の歪みを矯正する体操

両足を前にやや開き気味にまっすぐ伸ばして座る。
右手は指を広げて後ろについて、左手は股間の前へ。
息を吐きながら右側に体をひねって左手を右手の上に重ねるようにして、息を吸いながら元の位置に戻す。

腰椎の歪みを矯正する体操

足をまっすぐ前に腰幅に開いて伸ばし、両手で足の指をつかむ。
息を吐きながら左(右)へ体をひねり、息を吸いながら元の位置に戻す。